MENU

Model Case

秋葉山の麓にある時々カフェ

もう一度この場所に活気を取り戻したいと願いを込めて、

オーナーさんが生まれ育ったご実家をカフェに改装させていただきました。

外壁はほとんどそのままですが、玄関に大きなガラスの入った木製ドアを採用し店舗感UP!

玄関の壁や床は既存をいかしつつ、天井やドアなどに新しい素材を取り入れました
古いと新しいをうまくマッチさせたちょうどいい玄関になりました

畳だった床を無垢フローリングにし、天井を吹抜けにすることで、薄暗かった和室が光差し込む明るいカフェスペースに生まれ変わりました!

吹抜けにする為に解体した天井をカウンター下に再利用
愛着ある材料を再利用できるのはリノベーションの醍醐味です

本好きなオーナーさんが特におススメする本を収納できる飾り棚

2階の個室へ上がる階段は当時のまま

お母様の書斎だったお部屋は特別個室になりました

2階の床の間や押入れはそのままに

一覧に戻る